平均給料

薬剤師の平均給料

薬剤師はお世話になったことがないという人はいないほど私たちにとって身近な職業です。
その薬剤師がどのくらい給料をもらっているかちょっと気になりませんか。
ここでは、薬剤師の給料について少しお話をします。

 

薬剤師は大きく分けて、「調剤薬局」、「製薬会社」、「官公庁」、「ドラッグストア」の勤務形態に分かれます。
これら全てを加味した薬剤師の平均年収は、約500万円弱と言われています。
これは調剤薬局やドラッグストアなどは、午前中や午後のみ、週2日のみ勤務といった時間を制限しているパートタイム勤務も含まれており、それを考えると実際フルタイムで「製薬会社」や「官公庁」で働いている薬剤師は、平均年収よりは高い給与であることが分かります。

 

求人広告で薬剤師の求人を見たことがある人はご存知かもしれませんが、パートタイムによる勤務形態でも時給1,800〜2,500円となっており、一般的なパートタイムの時給の2〜3倍とかなり高額時給だと言えます。
特に子供がいるため少しの時間で多くの収入を得たい女性の方にはとても良い職業です。