仕事内容

いろいろな職場

“薬剤師”という職業を聞いて、実際具体的にどのような仕事内容か知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、薬剤師の仕事内容についてご紹介します。

 

まず、私たちに一番身近な薬剤師の仕事場所と言えば「調剤薬局」「ドラッグストア」です。

調剤薬局

医師の処方箋に基づき薬を調合することと患者さんの健康に関する相談を受けることが薬剤師の仕事です。

 

ドラッグストア

お店で販売できる大衆薬の取り扱い、薬やそれ以外にも様々な商品に関する知識を学習し、消費者の相談に乗ることが仕事となってきます。

 

製薬会社等の企業では、新薬の開発や薬の営業などが主な仕事となります。
また、最近では化粧品メーカーや医療用具メーカーなど製薬会社以外の企業でも薬剤師が活躍しています。
大学などの研究機関においても、新薬の研究などで薬剤師を雇っているところもあります。

 

この他に公務員で薬剤師を採用している場合もあり、国においては厚生労働省や特許庁の技官として、都道府県では技術系職員として様々な検査に携わる人もいます。このように、薬剤師の仕事内容は多様化していますので、薬剤師を目指している方は、どんな薬剤師を目指すか考える必要がありますね。

調剤薬局について

調剤薬局とは、医師の処方箋に基づき薬剤師が薬の調剤を行う場所のことです。
調剤薬局は、大衆薬等を取り扱っているドラッグストアとは違い、患者さん一人一人に合わせた薬の種類、量、副作用やアレルギーの有無、現在服用している薬との飲み合わせなどを薬剤師がチェックし、薬を提供しています。
また、調剤薬局では薬剤師が薬の飲み方、使い方を丁寧に説明したり、患者さんからの薬に関する疑問・質問・相談等に応じています。

 

では、調剤薬局における薬剤師の待遇はどうなっているでしょうか?
調剤薬局における薬剤師正社員の平均年収は400万円〜650万円、パートでは1時間当たり2,000〜2,500円と言われています。

 

平均年収は、一般サラリーマンとそこまで大差がないように思われますが、女性に限って言えば、一般女性サラリーマンの年収270万円に比べるとかなり差があり、女性にとっては高収入な職場だということが分かります。

 

また、調剤薬局は全国に店舗数がたくさんあるので、仮に人間関係や待遇の面で不満がある場合、他の調剤薬局へ転職することが容易です。
さらに、病院勤務の薬剤師と違い、夜勤・当直がないため体力的にも比較的負担の掛からない職場だと言えます。
薬剤師の方で、自分のペースで仕事をしたいという方は、調剤薬局への転職を考えてもいいかもしれませんね。